湖彦山だより

kogenzan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 10日

寿餅

森井俊隆兄(法幢師)年賀持参、神田秀孝兄(本師)永平寺より届く。

新年に自分の師匠に対して、幸せや健康が長く続くことを祈って届けるお餅のこと。
お正月の三が日の朝、竜天軸(仏法の守り神の掛け軸)を掛け、その前に袈裟行李(お袈裟や大切なものをしまう箱)を置いて、重ねた餅を供え、師匠の無事を願いながらお経を読みます。
四日目に師匠のもとへ、お持ちを届けます。師匠が遠くにいる場合は、お餅を細かく切り、一片を可漏(お寺で使う封筒)に入れて郵送したりします。   てらスクール1月号より転載
d0081723_16454775.jpg

[PR]

by kogenzan | 2009-01-10 16:46 | 雲のごとく水のごとく | Comments(0)


<< 映画「禅zen」1月10日より...      映画「禅」上映時間 >>